介護のための「完全側臥位法」 肺に食べ物や唾液・痰・鼻水を入れなければ誤嚥性肺炎は起こらない

イベント情報
区分

募集中

開催地

東京

開催日2024年2月15日(木)
10時00分 ~ 11時30分
申込期限2024/02/08
実施場所・
会場等
東京都江東区森下文化センター 和室(江東区森下3-12-17)
イベント内容
内容介護のための「完全側臥位法」
肺に食べ物や唾液・痰・鼻水を入れなければ誤嚥性肺炎は起こらない

対象:ご家族、介護職員

・夜間唾液でむせて寝られない
・吸引してもすぐにのどがゴロゴロ鳴る
・誤嚥性肺炎で入院させたくない
・食事中むせて食べられない
で悩んでいませんか?

誤嚥性肺炎の大半は夜間のむせない誤嚥だと言われています。
原因は分かっているのに、明確な対策が行われないのはなぜでしょうか。
むしろ、「誤嚥性肺炎は繰り返すもの」と言われます。
 
本当に繰り返すのでしょうか?



意外と知られていない「喉の中」

人間本来の喉の構造を利用すると、「肺に食べ物や唾液、痰、鼻水が入りにくいことが分かりました。」
福村直毅医師は、この姿勢を2007年に発見し、嚥下障害治療を日々臨床研究され「完全側臥位法」として広められています。むせずに口から食べられる手技として、注目されていますが、唾液誤嚥予防にとても有効です。

唾液で苦しんでおられるご家族、介護職員向けに
(1) 肺に食べ物や唾液・痰・鼻水を入れなければ、誤嚥性肺炎は起こらない。
(2) 肺に食べ物や唾液を入れなければ、むせずに食べられる。
可能性が高い【完全側臥位法】の原理をイラスト、写真、動画から視覚でお伝えします。

・誤嚥性肺炎で入院させたくない。
・最後まで口から食べさせたい方へのヒントになる内容をお伝えします。

※持参していただくものは、大判タオルと水またはお茶500㏄のペットボトル。
実技内容
・飲み込みやすい姿勢と飲み込みにくい姿勢
・一口20㏄体験(完全側臥位での一口量は20㏄が基準)
・完全側臥位姿勢調整方法
・完全側臥位での食事介助方法
・誰でもできる唾液誤嚥予防姿勢
・バスタオル実習 体幹保持・補助枕作成
・バランスボールを使った緊張緩和
参加対象・
定員等
[参加対象]
ご家族、介護職員

[定員]
15名
参加費5,500円(税込み)
参加申込先・
申込方法
・WEB申込
https://www.safe-swallow.com/event-details/kaigonotameno-kanzensokugaiho-hainitabemonoyadaeki-tan-hanamizuwoirenakerebaayamaenseihaienwaokoranai-2

・メール:maeda.easyswallow@gmail.com
に2024年1月28日完全側臥位法研修の申込と送っていただくとお支払メールを送ります。
主催者情報
法人名・
団体名
株式会社甲南医療器研究所
TEL078-651-3819
FAX078-651-3819
E-mailmaeda.easyswallow@gmail.com
HPhttps://www.safe-swallow.com/event-details/kaigonotameno-kanzensokugaiho-hainitabemonoyadaeki-tan-hanamizuwoirenakerebaayamaenseihaienwaokoranai-2

新着記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP