投稿者プロフィール

くにさだ
くにさだ
ライター/看護師
医療機関、訪問看護、企業看護師など様々な看護を経験。
看護師の観察力とクレーム対応で鍛えたコミュニケーション力を武器に取材&コピーライターとして活動中。

看護師の転職|病院勤務がツライ方におすすめの職場とは

訪問看護

「だんだん夜勤が辛くなってきた…」
「家族の負担も大きいし、夜勤のない職場で働きたいな…」
看護師の仕事は夜勤がつきもの。とは言ってもプライベートの変化や体力的な負担を感じるようになると病院勤務が負担に感じるものです。

ただ、看護師の仕事は病院だけではありません

看護師の経験を活かして働くことができる場所は病院以外にもいろいろとあることをご存知でしょうか?
ここでは、看護師として病院以外で働きたい方におすすめしたい職場についてお伝えしています。
病院勤務が辛く、転職を考えている看護師さんはぜひ参考にしてください。

看護師として働く先は病院以外にもある

看護師として働く場所は病院以外にもあります。
現在ニーズが増えている訪問看護や介護施設、企業看護師や保育園など様々な場所で看護師の技術や知識を活かすことができるのです。

とりわけ、病院勤務がツライ方は夜勤が負担に感じていることが多いでしょう。
夜勤があると平日の日中に時間が取れる反面、不規則な生活となるためお子さんの保育や家族との時間が制限されてしまうのも事実です。

看護師として病院以外で働く!転職先を選ぶポイント

病院以外の転職先を選ぶときにポイントとなるのは病院とは違った働き方ができるかどうか。辛くない働き方をするために必要な条件と言えるかも知れません。

夜勤がないか

病院勤務で多くの方がツライと感じているのは夜勤でしょう。
転職先として一番の条件となる方が多いのではないでしょうか。病院以外の職場では夜勤がない場所もあります。

日勤だけでも正社員になれるか

病院勤務の場合、夜勤ができなければ非常勤という扱いとなるケースが多いものです。
病院以外に転職する場合、夜勤がない仕事を選べば日勤だけでも正社員として就職できます。

転勤や出張の有無

職場にもよりますが、企業看護師等の場合は出張が必須となる職場もあります。
病院勤務の場合は出張や転勤を考える必要はほとんどありませんので企業看護師を考えている方は確認しておくと良いでしょう。

看護師として病院以外で働く時のデメリット

看護師として病院以外で働く場合は、デメリットもあります。
日常的な医療から離れることも多く、医療行為がないことから職務手当がなくなるなど金銭的なものから看護師としてのスキルに関わるものまであらかじめ知っておくことが大切です。

看護技術が停滞することもある

病院以外で働く場合は、医療技術を使う場面が減少します。
これまで日常的に積み上げてきた看護や医療機器に対するスキルが停滞することは免れないかもしれません。

給料が下がる

病院勤務のときに支給されていた危険手当や職務手当、夜勤手当や当直代などがなくなるため、多くの場合は給与が下がります。ただし、企業等の場合は出張手当などが支給されるケースもありますし、訪問看護の場合はオンコール手当がつく場合があります。

休みが固定される事が多い

看護師の場合、病院ではシフト勤務のため平日が休みとなることもありましたが、企業や保育園、訪問看護の場合には休日が決まっていることが多いです。土日などが固定休日の場合は銀行や役所の用事がある際は休みを取る必要があったり、空いている平日のレジャー施設の利用が難しくなったりという点はデメリットと感じる方もいるかも知れません。

病院以外で働きたい看護師におすすめの転職先

病院以外で働くときはいくつかのデメリットもありますが、規則正しい生活ができたり家族の負担が少ないなど身体的にも精神的にもメリットが多いと感じる方も多いでしょう。看護師として病院以外の職場を選ぶときには、できるだけデメリットが少ない場所を選ぶのがおすすめです。

企業看護師

企業看護師の場合はほとんどがオンコールのない日勤勤務で正社員となります。医療行為がないため給与が下がることが多いですが、臨床研究や治験に関わる職務の場合は医療知識が活かせるためやりがいがあるかもしれません。

ただし、医療機関しか知らずに企業に転職する場合は、社会的な一般常識から学ぶ必要があります。名刺の受け渡しや電話応対、クライアントの対応などを身に着けなければなりません。

訪問看護

訪問看護は、医療行為がありつつ日勤勤務が中心なので、比較的給与が高めの事業所が多いのでおすすめです。病院のように最新の医療機器に対する技術はなくとも基本的な看護技術は日常的に必要なためスキルは維持することができます。

ただし、オンコール体制のある訪問看護の場合は交代制で夜間の電話対応や緊急訪問に備えなくてはなりません。オンコール対応が難しい場合には、オンコールのない事業所やオンコールのない勤務体制が選べる職場を選ぶと良いでしょう。

介護施設

介護施設の場合は看護師の夜勤がない施設も多くあります。
介護スタッフが夜間帯の当直を行い看護師は派遣ナースに依頼する施設や、夜間は看護師が電話対応のみ行うケースなど、施設により様々です。

介護施設の場合は運営会社により給与に幅がありますが、薬剤や点滴管理など看護師としての職務が多いため職務手当がつくケースが多いです。

病院勤務が辛ければ転職して働く場所を変えるのがおすすめ

病院以外でも看護師として活躍できる場所は様々あります。
病院勤務が辛くなったり家族の負担を軽減したいと考えている方は、転職して看護師としての経験が生かせる場所で働く選択も良いかもしれません。

看護師の資格を活かしながら負担の少ない職場で働くことで、専門職としてのスキルアップと充実したプライベートのどちらも叶えられるでしょう。
今の職場が辛いと感じているならば、自分が活躍できる場所で無理なく働きつづけることを目指して転職も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

投稿者プロフィール

くにさだ
くにさだ
ライター/看護師
医療機関、訪問看護、企業看護師など様々な看護を経験。
看護師の観察力とクレーム対応で鍛えたコミュニケーション力を武器に取材&コピーライターとして活動中。

関連記事

新着記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP